スポンサードリンク

2014年02月26日

妊娠しやすい身体作りのために お勧めサプリメント


妊娠しやすい身体作りのために お勧め妊活サプリ


男性不妊や妊娠しやすい身体作りのために効果が期待できるサプリメントを紹介します。

男性不妊のほとんどは、精子の状態の問題です。

精子の状態を改善するために、ビタミンやサプリメントなどが効果的です。

いづれのサプリメント・漢方も効き目は個人差があり、精子の造成は74日かかるといわれています。

即効性のあるものではありませんので、根気強く3ヶ月以上は継続して服用することが大切です。


<男性不妊・お勧めサプリ>

・マカ

マカは必須栄養素を多く含み、アミノ酸や鉄分、カルシウム、 滋養強壮など男性不妊に効果が期待できる成分が多く含まれています。

マカの性欲増進や精子数の増運動率の向上は、臨床試験によっても確認されています。

毎日飲み続けることで、心身ともに性機能が強化されます。


・亜鉛

男性不妊の原因、精子量や運動率、奇形率などは、全て亜鉛不足によることが原因といわれています。

精子を作る際、亜鉛は必須栄養素です。

亜鉛は、男性の精力を増し、精子の生産を行い、タンパク質の合成、遺伝子の複製、細胞の増殖、傷の修復、味覚の保持などがあります。

別名セックスミネラルともよばれ、生殖器の機能向上と精子の数・運動性をUPさせます。
 
亜鉛を摂取し続ければ、精子数増加の効果が高いでしょう。


・セレン

ビタミンEの60倍以上の抗酸化作用を持っています。

セレンの摂取によって精子の運動量が正常になります。


・ビタミンC

精子の生成を促し、精子の動きを活発にします。

たばこはビタミンCを破壊するため、喫煙は控えましょう。


・ビタミンE

男性ホルモンの生成と分泌を活発にします。

活性酸素の攻撃から精子や卵子を守り、質の低下を防ぎます。


・鉄

精子の形成を助ける働きがあります。


・L-カルニチン

精子の運動率が向上し、精子無力症の改善が期待でき、精子のエネルギー代謝に重要な役割を果たしています。
3〜6ヵ月間L-カルニチンを補給すると、精子の濃度、精子数、運動精子のいずれもプラス効果が期待できます。


・アルギニン

アルギニンというアミノ酸は精子の原料で、男性の精子減少症や精子運動性の低下に対して効果があり、精液中の精子の数を増やし、精子の運動性に重要な働きをするポリアミンを生成することで精子の活動性(運動性)を高めて、精力をつけ、男性不妊症を改善すると効果があります。


・漢方薬

ツムラの補中益気湯 ... 肉体疲労や虚弱体質を改善精子の運動率を上げる効果が期待できます。

補中益気 ...虚弱体質を改善し、精子の運道率を高める効果があります。

コギクジオウガン... 精子の数・運動率が上がり効果があります。

高麗人参... 精子の数・運動率が上がり効果があります。

※漢方薬は、同じ症状でも人によって、使う生薬の種類や分量、配合が変わってくるため、病院で処方してもらったほうがいいでしょう。



・カルシウム

精子の運動に影響を与える栄養素です。逆に精子の濃度が高い時にはそれを抑える働きがあります。

・SOサポート

精子の運動率が上がります。

・エビオス錠

ビール酵母を原料とした健康医薬品です。

精子はタンパク質から出来ているため、精子量が増えると言われています。

・OGハーブ

広島牡蠣と高麗人参をペプチド状(特殊加工:酵素分解物質TU-P)にしたサプリメントです。

男性の精液向上や増強してくれます。

・マンガン

精子の運動性がUPします。

・コエンザイムQ10

活性酸素の抑制作用やエネルギーの産生等によって、精子濃度、総精子数、総運動精子数が上昇し、高度乏精子症群では運動率も上昇したという報告があります。

・リコペン(リコピン)

精子は活性酸素の影響を受けやすいため、活性酸素が精子濃度や運動率を下げ奇形率を上げていると考えられます。
そのため、抗酸化作用に優れたリコピンを摂る事によって、精子に改善がみられるようです。

・リポビタンD・スーパー

精子の数や質は非常に繊細なため、体のコンディションの状態に大きく左右されます。

滋養強壮に良い栄養ドリンクは少なからず効果があるようです。

他の栄養ドリンクではなく、リポビタンD・スーパーがお勧めです。




<女性不妊・お勧めサプリ>


・葉酸 

葉酸は胎児の先天性疾患を低減させてくれる働きがあります。

受精卵を作るのに欠かせない上に、着床の手助けをしてくれ、流産予防や子宮内膜の強化にも効果的です。

葉酸の摂取を厚生労働省が推奨している、非常に大切な成分です。

妊娠を望む女性なら必ず摂っておきましょう。


・不妊治療施設採用NO.1サプリ DHEA

有名医療機関推奨サプリです。

DHEAの効果は、性ホルモンの分泌に関係し、精力アップや男性不妊、女性不妊、卵子の不妊治療などに用いられています。

質の良い卵子を作ったり、卵子の若返り効果を狙ったり、受精卵が成長する時のエネルギーを供給する効果が期待できます。

中年以降の男女がDHEAを服用することによって、性ホルモンの分泌量が増え、性欲の増進効果、やる気の増加、気分的な改善効果などを確認できています。

卵巣機能の衰えた平均年齢40歳の25人の女性がDHEA75mgを4ヶ月服用し、体外受精を受けた結果、DHEA服用群には有意に多くの卵胞が認められ、より多い受精卵が得られた実績があります。

ホルモン剤なので、着床を阻害する前駆物質も含むため、医師に相談して処方してもらったほうが安全です。

若い方はもともと性ホルモンの分泌が盛んなため、DHEAの摂取は奨めていません。

DHEAは病院で直接購入することをお勧めします。


・ヘム鉄

鉄分のなかでも吸収率の高い成分をヘム鉄と呼びます。

女性は月経などで体内の鉄分が不足しがちなので、鉄分不足は不妊症のリスクが高くなりやすいです。

バランスよく充分に鉄分を摂取することはとても大切です。

・ビタミンC

ビタミンCは、ビタミンEを併用することによってホルモンの効果を高めるため、子宮内膜の機能がよくなります。

・ビタミンE

ビタミンEは、トコフェロールと呼ばれていおり、その意味は、子供を産む能力を授けるものと言われています。

ビタミンEは、黄体ホルモンの原料なので、内膜の質をアップし、妊娠率を上げてくれる素晴らしい栄養素なのです。


・カルニチンとコエンザイムQ10(CoQ10)

質の良い卵子を作ったり、卵子の若返らせたり、受精卵が成長する時のエネルギーを供給するようお奨めします。


・イソフラボン

イソフラボンには女性ホルモン「エストロゲン」と似た働きがあるといわれています。

エストロゲンには、子宮内膜の厚みを保ったり、排卵のタイミングを整えたり、大切な役目をもっています。


・マカ

マカに豊富に含まれているリジンというアミノ酸には、女性の生殖機能を活発化させて受胎環境を整える作用があり、妊娠しやすい体になっていくといわれています。


・アルギニン

不妊治療中(体外受精)の女性がアルギニンを摂取すると、卵母細胞および胚が増加し、妊娠が促進されます。


・ローヤルゼリー

ローヤルゼリーには、アセチルコリンが豊富に含まれているため、脳内の神経伝達を整えてストレスからの不妊を回避する働きがあります。

性欲減退等の症状にも効果が期待できます。


・プロタンディム

卵子の老化の原因の活性酸素を平均40〜70%減少させることができるという臨床データがあるサプリです。

プロタンディムによってエストロゲンも増加する働きがあります。


・プロアントシアニジン

ポリフェノールの一種で、強い抗酸化作用があり、体内の余分な活性酸素を取り除いてくれます。


・アミノ酸

栄養素の基本中の基本。エネルギーを作り出し、脂肪を燃焼させ、代謝を促進させてくれます。

母乳の主成分もアミノ酸です。


・ビタミンB群

体内でのたんぱく質、脂質、糖質、アミノ酸の合成や分解などを助けてくれるビタミンです。


・カルシウム

カルシウムは、ホルモン分泌の手助けもしてくれます。

しっかり摂取する事が大切です。


・マグネシウム

マグネシウムの摂取がカルシウムの定着に関係しています。


・ミトコンドリア

ミドリムシ(人間に必要な栄養素が全て含まれおり、わずか1gで青汁(ケール・モロヘイヤ・大麦若葉)の数十倍の栄養価があります。

みどりむしだけ食べていても人間は生きていけると言われています。


・漢方薬

婦宝当帰膠(フホウトウキコウ)... 生理不順、生理痛、冷え症などの改善

当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)... 体の疲れ、冷え性、貧血症状、生理不順、生理痛、生理前後の不快症状、不妊症、むくみ、頭痛、めまい、肩こり、更年期障害などに広く適応します。



※漢方薬は、同じ症状でも人によって、使う生薬の種類や分量、配合が変わってくるため、病院で処方してもらったほうがいいでしょう。


・乳酸菌

乳酸菌は腸内の働きを高め、栄養の吸収率を高めてくれるため、ほかのサプリを一緒に乳酸菌を一緒に飲むことをお勧めします。


・子宝の温泉塩

食塩や一般的な天然塩に比べカルシウムとカリウムが多く、並塩には見られない鉄分が含まれています。

温泉に恵まれた島ならではの豊富なミネラルです。


・タンポポ茶ショウキT-1

たんぽぽの持つ強壮作用は、ホルモンの分泌を促し、腎臓や肝臓など臓器の働きを高め、「解毒」「浄血」に役立ちます。

高濃度のタンポポエキスが、女性ホルモンに直接アプローチすることによって、受精しやすい卵子をつくることができます。


・ザクロエキス

ざくろには、植物性エストロゲンが含まれており、人間の体内で分泌されている女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをします。

ポリフェノールも豊富なので、アンチエイジング効果があり、妊娠しやすくなります。


・ルイボスティ

ルイボスティには、亜鉛・カリウム・マンガンなど、豊富なミネラルが含まれています。

卵子を攻撃し、排卵障害の原因ともなる活性酸素を除去するフラボノイドが多く含まれたお茶です。

ホルモン年齢を実年齢よりも若く保つ効果があるため、妊娠しやすく、流産しにくい体づくりができます。

ノンカフェインなので安心してお召し上がりいただけます。


・ローズヒップティー

ローズヒップティには、ビタミンC・カルシウム・βカロチン・鉄などの栄養素が含まれています。

ノンカフェインなので安心してお召し上がりいただけます。


・ブラックコホシュ

インディアンに伝わる女性のハーブでエストロゲンに良く似た成分を多量に含み、過剰なエストロゲンを抑えたり、補ったりしてホルモンバランスをうまく調整する働きをもっています。


・お灸・鍼治療

鍼は「気」を動かす、お灸は「血」を動かすと言われており、お灸は血流促進に効果があります。

卵子は細胞なので、血流が滞れば早く老化します。

お灸と鍼治療によって、女性に備わっている、妊娠、出産力を引き出してくれる効果があります。

不妊によるストレスを軽減させ、より良いホルモンバランスにして、妊娠しやすい身体にする効果があります。

お腹や足の冷え症状を改善し、子宮の血行を促進させます。

卵巣機能を向上させ、質の良い卵子を育てます。子宮内膜の増殖を促し、受精卵を着床しやすくします。

直接的な鍼灸の治療によって、血流改善、代謝改善、それが子宮内の血流を上げ、卵質向上、着床率アップに繋がります。

採卵前後、移植前後の鍼灸治療は必須です。


・ヨモギ蒸し

暖める事で血行を良くし、子宮内の体内環境を整える効果が高く、妊娠しやすい体作りができます。


・よもぎ蒸しパット

冷え症の改善や血行促進、デトックス効果だけでなく、生理痛や生理不順、更年期障害といった婦人科系の不調の改善などにも効果があると言われています。

元気な卵巣からよい状態の元気な卵子ができやすく、温めることで頚管粘液の分泌が盛んになり、排卵がスムーズに行われます。


・骨盤ゆたんぽ よもにん

骨盤内を温めると、骨盤内の血流が促進され、 子宮や卵巣に新鮮な血液が流れます。
そのため、子宮や卵巣に 十分な栄養が送ら、 妊娠の重要なカギとなる、 卵子と子宮粘膜の質が向上し、妊娠力アップにもつながります。







t
| 不妊治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。